パンク町田、経歴や結婚の事 ラーメン店を経営 場所はここ! 上半身裸が特徴的


パンク町田、経歴や結婚の事 ラーメン店を経営 場所はここ! 上半身裸が特徴的
出典元:ultimateanimalcity

【パンク町田 経歴 結婚 ラーメン店 経営 場所 上半身裸 特徴的】

パンク町田さんをテレビで見ると、いつも上半身裸なのが気になるところです。そんな町田さんは、昆虫から爬虫類などありとあらゆる生物を扱うことが出来る、とても希少なアニマリストです。そんな彼について詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

パンク町田 プロフィール・経歴

【芸名】パンク町田(ぱんくまちだ)
【本名】町田英文
【出身】東京都
【生年月日】1968年8月10日
【身長】165
【体重】90
【職業】作家・ナチュラリスト・動物研究家
【その他】ULTIMATE ANIMAL CITY 代表

専門誌等の依頼により1992年から執筆活動を始める
1993年から2002年にかけて、食虫植物や様々な動物の生態を探るため、アジア各地の先住民族と生活を共にする

そして昆虫から爬虫類、鳥類、猛獣といった、ありとあらゆる生物を扱うことが出来るという希少なアニマリストに。

2004年、イギリスの有名ファルコナー(鷹匠)の元を訪れ、猛禽類の放鷹技術や繁殖技術を学ぶ。鷹狩りについては、鷹匠文化の知識や鷹を扱う技術は群を抜き、ハヤブサや鷹を飛ばすトライアルで3年連続優勝する。

鷹道考究会理事、日本流鷹匠術鷹匠頭、日本鷹匠協会鷹匠、日本鷹狩協会鷹師を兼任している。

また、犬の訓練士でもあり、愛玩犬のしつけから、猟犬、バンドッグの訓練も行う。そして希少動物の繁殖にも取り組んでいる。

色々な事を経験した結果か、テレビ番組で、畑正憲(作家)より「ポスト・ムツゴロウ」に任命される。

現在は千葉県旭市にて、人と動物における新しい可能性を研究するための施設アルティメットアニマルシティ』を運営している。

ラーメン店を経営

動物としてのイメージが強すぎるパンク町田さんですが、どういうわけかラーメン店を経営しているそうです。

そのラーメン店とは千葉県旭市にある『らーめん ゴジル』というお店です。パンク町田さんは動物園も経営しており、動物園を開く前に動物を飼育していた跡地だそうです。

メディアにも何度か取り上げられているお店だそうで、気になる味は豚骨醤油らしいです。他に焼豚丼もあるようで、とにかく美味しいと評判はいいみたいです。

場所は

【らーめん ゴジル】
千葉県旭市上永井 875
電車でお越しの際は、JR総武線の飯岡駅から約6kmだそうです。歩くにはちょっと距離があるのかな。
詳しいことは「らー麺こってりゴルジ」を見てください こちら

結婚について

独身かと思いきや、若い頃に結婚しているという情報が。現段階ではお嫁さんがどんな人なのかは不明です。今後、いつか詳しいことが明かされるかもしれませんね。

上半身裸が特徴

普段から上半身裸のパンク町田さん。一体いつ服を着るのか疑問になっていましたが、どうやら朝晩は上着は着ているそうです。 やっぱり寒いから?面白い生活スタイルですよね。

まとめ

今後の活動に注目ですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク