西尾夕紀、ものまね・演歌歌手として活躍 結婚浮上の真相 素顔は?


西尾夕紀、ものまね・演歌歌手として活躍 結婚浮上の真相 素顔は?
出典元:新栄プロダクション

【西尾夕紀 ものまね 演歌 歌手 活躍 結婚 浮上 真相 素顔】

明るいキャラクターでトーク番組やバラエティー番組でも活躍している演歌歌手の西尾夕紀さん。そんな彼女について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

西尾夕紀 プロフィール・経歴

【芸名】西尾夕紀(にしお ゆき)
【本名】長尾知美(ながお さとみ)
【出身】青森県
【生年月日】1974年7月24日
【身長】158
【体重】43
【血液型】A
【学歴】青森県立弘前実業高等学校卒
【趣味】ショッピング・愛犬と遊ぶ・岩盤浴
【特技】ものまね
【その他】新栄プロダクション所属/所属レコード 日本コロムビア

西尾さんの父親が演歌好きである事から3歳の頃からカラオケを歌い始めたという。また実家にはカラオケボックス並みの本格的なカラオケセットが備わっていたそうです。

1993年『海峡恋歌』で歌手デビュー。1994年には「第36回日本レコード大賞最優秀新人賞」を始め、各種新人歌手コンクールの入賞をする。

1998年からは、バラエティ番組『ものまねバトル』にレギュラー出演をします。

2008年は、デビュー15周年。それに伴い、1月30日に記念コンサートを敢行。自身の持ち歌と倖田來未さん・工藤静香さんの歌真似を披露し今後も「演歌」と「ものまね」の両方に邁進していくことを宣言したという。

また、2008年7月にテレビアニメ『ヤッターマン(リメイク版)』の第3期オープニングテーマ(「ヤッターマンの歌」、第18話~)を歌うことが決定した。

また、2008年12月15日放送の『ヤッターマン(リメイク版)』では第28話に本人役&様々なものまねタレントとしてゲスト出演した。この時、声優初挑戦だった。

以降、現在も演歌歌手としてものまねとして活躍しています。

【演歌歌手として最近の活動】

  • 2012年『辰巳(たつみ)の左褄(ひだりづま)』
  • 2012年『恋酒(こいさけ)~加賀の夜』
  • 2013年『竜飛崎灯台』

【ものまねレパートリー】
約200ものレパートリーがあるから驚きです。
一部ですが

  • aiko
  • 石川さゆり
  • 今井美樹
  • 岩崎宏美
  • 宇多田ヒカル
  • エド・はるみ
  • 大黒摩季
  • 奥居香
  • Kiroro
  • 工藤静香
  • KEIKO(globe)
  • 香西かおり
  • 倖田來未
  • 坂本冬美
  • 柴咲コウ
  • 中島美嘉
  • 仲間由紀恵
  • 夏川りみ
  • NOKKO(レベッカ)
  • 浜崎あゆみ
  • 一青窈
  • 広瀬香美
  • BoA
  • 松田聖子
  • MISIA
  • 森昌子
  • 森山良子
  • 八神純子
  • 吉田美和(ドリームズ・カム・トゥルー)
  • 渡辺美里

声質とか全然違うのにこれだけの人のものまねをするなんて凄いですよね。まさに神業です!

結婚浮上の真相

調べてみましたが、熱愛や彼氏の存在も浮上せずどうも独身のようです。こんなにも綺麗な方なのにねぇ。

また、西尾さんを検索すると「山寺宏一」さんの名前が浮上してきますが、山寺さんとはお付き合いは一切なくものまね番組の共演者です。ちなみに、山寺さんは声優の田中理恵さんと結婚されています。

西尾さんは、綺麗だけどそこそこの年齢だということで西尾さんのことを検索する人がきっと「結婚」していると思い「結婚」と検索する人が多いので浮上したということでしょうね

素顔は?

西尾さんは、スタッフが落ち込んでいたら自分の顔に落書きをしてスタッフを喜ばせようと考えるそうです。また、色々調べると西尾さんについて書かれていることはいいことばかりが目につきました。

「おしゃべり上手」「モノマネ上手」「お茶目さん」「気さくでとても素敵なお方」など

みんなから愛されているのがわかりますよね。

紆余曲折、恋も含めいろんなことがあった。でも、気がついたら歌を取っていた。という西尾さん。そんな彼女のモットーは「笑い」だという。嫌なことがあっても笑いがでれば、翌日の勇気が生まれるという。

西尾さんの素顔は、とても明るくて人間味があって優しい心の持ち主なんだなぁと思いますね。

まとめ

今後も二束のわらじで活動する西尾夕紀さん、頑張っていってほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク