Home » 2013年朝ドラ後期 » ごちそうさん あらすじ(ネタバレ)NHK朝ドラを1話1分で読む

ごちそうさん あらすじ(ネタバレ)NHK朝ドラを1話1分で読む

【朝ドラ ごちそうさん あらすじ】 NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が好調ですね。やっぱりクドカンの脚本は注目されるんですね。主演の能年玲奈さんの誰からも親しまれる役柄と驚いた時の『じぇじぇ』が印象的です。 NHKとしては、次回朝ドラの視聴率もこのままキープしたいところですが。 その次回作は、杏さん主演の『ごちそうさん』。NHK朝ドラっぽい題名ですね。9月スタートに向け、既にクランクインしています。 脚本:森下佳子 監修:飯島奈美(フードスタイリスト)

 

朝ドラ次回作あらすじ

 

NHK朝ドラ『ごちそうさん』のあらすじ(ネタバレ)

『ごちそうさん』あらすじ・ネタバレ

出典元:NHKオフィシャルサイト

舞台は食い倒れの街『大阪』。激動の大正・昭和が描かれます。 ヒロインの杏さんは、両親が経営する洋食屋でいつもおいしいものをたくさん食べて育った。その食べっぷりは、下宿する東出昌大も呆れるほど。 しかし、東出昌大は、彼女の『食べたい』のほかに『食べさせたい』という情熱があることに気付く。杏もまた、東出昌大の頑固さの裏に『安全で住みやすい街を作りたい』という思いがある事を知る。 ふるさとの大阪で新しい街を作りたいという東出昌大に逆プロポーズして大阪に嫁ぐことになる。 嫁ぎ先は、ハイカラな洋食は好まれない大阪の旧家。大阪と東京では味の好みも違う、何より大阪の家庭料理の基本は『始末』の精神。 無駄を無くし、効果的に食材を使うこと。お金を使えばアホでもおいしいものは作れるという考え方。 嫁ぎ先には、東出昌春の両親と出戻りの姉。だれもが一癖あるメンバーで騒ぎが絶えない。 このような状況下でヒロインの杏が大阪の『始末』の精神を学び、まごころを込めた料理で家族に溶け込んでいく。 大阪の旧家で繰り広げられるドタバタ劇。杏は家族を守るため奮闘する。   第1週『いちご一会』(め以子の幼少期)

第2週『黄身と出会った』(6話から10年後)

第3週『なっとうくう!』

第4週『こころをコメて』

第5週『フォンとうの気持ち』

第6週『こんぶねーしょん』

第7週『たいした始末』

第8週『ごめんなすって』

第9週『君をアイス』

第10週『祭りのハーモニー』

第11週『大嫌いっていわしたい』

第12週『ごちそうさんまでの日々』

第13週『ふくが来た』

第14週『アイスる力』

第15週『今日でおわカレー』

第16週『汁(つい)の棲み家(すみか)』

第17週『贅沢(ぜいたく)はステーキだ』

第18週『乳の教え』

第19週『貧すればうどんす』

第20週『私の大豆な男の子』

第21週『悠太郎の卵』

第22週『い草の味』

第23週『いもに見ていろ!』

第24週『チョッコレイトな開戦』

最終週『とんだごちそう』

 

NHK朝ドラ『ごちそうさん』出演者(キャスト)

NHK朝ドラ、杏、ごちそうさん

【題名】ごちそうさん 【放送開始】2013年9月30日(全150回予定) 【主演】杏さん 【脚本】森下佳子さん 【主題歌】ゆず『雨のち晴レルヤ』 2013年9月からスタートする『ごちそうさん』の主演は杏さん。 2012年『梅ちゃん先生』の堀北真希さん依頼の直接オファーでの起用ということ。朝ドラって通常はオーディションで主演が決定するんだって。 今作『ごちそうさん』の脚本は、あの大ヒットドラマ『JIN-仁-』を手掛けた森下佳子さん。ドラマがヒットする要因のひとつとしてあげられる脚本。クドカンの後、どのような世間の反応が得られるのか楽しみです。

  注目は東出昌大

杏さんの夫役として重要な役どころである東出昌大さん。実は『あまちゃん』にも出演しています。あまちゃん『故郷編』、杉本哲太さん演じる北三陸駅の駅長『大吉』の若い時を東出昌大さんが演じています。思い出しましたか。 東出昌大さんは、25歳のモデル出身の俳優さんです。まだ俳優デビューして間もなく、2012年『桐島、部活やめるってよ』が最初の出演です。 高校の頃、メンズノンノのモデルオーディションでグランプリに輝きこの世界に。端正な顔立ちと189cmの高身長でパリコレモデルとしても活躍していました。役者デビューを切掛にモデル活動は辞めています。 小顔、高身長、イケメンで第2の向井理になるのかな~。どことなく嵐の松潤に似てますね。 今後、2013年11月『すべては君に逢えたから』、2014年『0.5mm』、2014年『クローズEXPLODE』に立て続けに出演予定。勢いあります。

ごちそうさん、杏の夫

相関図

ごちそうさん相関図

 

  • 卯野め以子:杏(主人公:洋食屋の娘)
  • 卯野め以子:豊嶋花(め以子の幼少期)
  • 卯野大五:原田泰造(ネプチューン)(め以子の父親)
  • 卯野イク:財前直見(め以子の母親)
  • 卯野トラ:吉行和子(め以子の祖母)
  • 卯野照生:井之脇海(め以子の弟)
  • 西門悠太郎:東出昌大(下宿生)
  • 宮本先生:奥貫薫(め以子の担任)
  • 堀之端桜子:前田亜季(め以子の同級生)
  • 野川民子:宮嶋麻衣(め以子の同級生)
  • 室井幸斎:山中崇(小説家)
  • 竹元勇三:ムロツヨシ(建築家)
  • 酉井捨蔵:近藤正臣(め以子の師匠)
  • 泉源太:和田正人(め以子の幼なじみ)
  • 西門静:宮崎美子(悠太郎の母親)
  • 西門和枝:キムラ緑子(悠太郎の姉)
  • 西門希子:高畑充希(悠太郎の妹)
  • 村井亜貴子:加藤あい(悠太郎の幼なじみ)
  • 大村宗介:徳井優(悠太郎の職場の先輩)
  • 藤井耕作:木本武宏(TKO)(悠太郎の上司)
  • 関口先生:むかいさとこ(希子の担任)
  • 酉井捨蔵の長屋にいる女性:黒坂真美

オムレットライス・開明軒のモデル店

原田泰造さん演じる大五と財前直見さん演じるイクが切り盛りする洋食屋・開明軒のモデルになったという店が東京都日本橋にあります。 昭和6年創業の『たいめいけん』 カレーライスやオムライスなど昔ながらの洋食店です。連日人で賑わっており、少しずつ小皿で提供される『洋食小皿料理』が大人気です。

開明軒のモデルになった『たいめいけん』

たいめいけんWEBサイト   アクセスマップ


スポンサーリンク


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>