志田未来、子役から現在もかわいい(画像)活動は?素顔はどんな人?


志田未来、子役から現在もかわいい(画像)活動は?素顔はどんな人?
出典元:研音公式サイト

【志田未来 子役 現在 かわいい 画像 活動 素顔】

子役から色々な役を演じ活躍している志田未来さん。そんな彼女の魅力に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

志田未来 プロフィール

【芸名】志田未来(しだ みらい)
【出身】神奈川県
【生年月日】1993年5月10日
【血液型】AB
【特技】運動
【その他】研音所属

子役から現在もかわいい(画像)活動は?

志田未来さんは、1999年6月に「セントラル子供劇団」に入団します。翌年の2000年9月にはドラマ『永遠の1/2 第3話で初出演をし、2002年『借王ファイナル』で映画初出演を果たします。

2005年7月、ドラマ『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラーを獲得し注目を浴びます。2006年10月、ドラマ『14才の母』で連続ドラマで初主演を果たす。この頃、ドラマはヒットし志田さんの知名度も上昇していきました。

以降、ドラマ・映画・バラエティー・ラジオ・CMなど活動の場を広げてマルチに活躍しています。また、演技の実力も確かなもので賞も沢山受賞しています。

〜受賞歴〜
【第33回日本アカデミー賞 新人賞】

  • 2009年 映画 『誰も守ってくれない』

【第44回ギャラクシー賞 奨励賞】

  • 2006年 ドラマ『14才の母』

【第15回橋田賞 新人賞】

  • 2006年 ドラマ『14才の母』

(※第11回で受賞した上戸彩さんの最年少記録である17歳を大幅に更新する13歳での受賞。)

【2010年エランドール賞 新人賞】

  • 2009年映画『誰も守ってくれない』
  • 2009年ドラマ『さくら道』
  • 2009年ドラマ『黒部の太陽』
  • 2009年ドラマ『小公女セイラ』

【TV LIFE 2006年間ドラマ大賞 主演女優賞、新人賞】

  • 2006年ドラマ『14才の母』

【ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞】

  • 第46回 2005年ドラマ『女王の教室』

【ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞】

  • 第58回 2008年ドラマ『正義の味方』
  • 第63回 2009年ドラマ『小公女セイラ』

※10代で2度の受賞は史上初だという

志田未来 画像(出典元:YAHOO!)こちら

素顔はどんな人?

中学校では、何か部活がやりたくてバドミントン部に入っていたという志田さん。練習はきつくて体育館を走り回り、おまけに部員数は多くて選手に選ばれるのは5人ぐらいで、志田さん曰く、全然ダメダメだったので試合に出たことはなかったそうです。

でも部活をやっていたこと自体がいい思い出になったし、楽しかったそうです。

高校では風紀委員に。校則で決まってることは守らなきゃいけないと思っていた志田さんは、スカートが短い子・ボタンを開け過ぎた子がいたので1回だけ注意したそうです。

そんな志田さんの素顔は、真面目で真っ直ぐな性格の普通の女子高校生だったんでしょうね。

また、理想のデートとして、海でのデートが理想だという。「夏に行って泳いだりするより、冬とか寒いときに一緒に行くのが楽しそう。それで、空とか星がきれいだったらいいなと思います。」と語っていました。

まとめ

幼い時からデビューし、ハードルの高い難しい役を次々とこなしていった志田未来さん。もはや若てながら演技には定評があり今後の活躍も期待されています。これからの志田さんも楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク