佐藤仁美、体重が気になるがこれは戦略的?!結婚浮上説の真相 父との絆 トークが抜群


佐藤仁美、体重が気になるがこれは戦略的?!結婚浮上説の真相 父との絆 トークが抜群
出典元:ホリプロ公式サイト

【佐藤仁美 体重 戦略的 結婚 浮上 真相 父 絆 トーク 抜群】

佐藤仁美さんと言えば、演技が上手くてサバサバした女性という印象がありますね。そんな佐藤さんの素顔に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

佐藤仁美 プロフィール・経歴

【芸名】佐藤仁美(さとう ひとみ)
【出身】愛知県
【生年月日】1979年10月10日
【身長】156
【血液型】A
【学歴】堀越高等学校卒
【趣味】パチスロ、映画・音楽鑑賞
【その他】ホリプロ所属

中学生の時、テレビ『中学生日記』で生徒役で出演。これが役者としての原点でした。

1995年の愛知女子高等学校に在学中『第20回ホリプロタレントスカウトキャラバン』で見事グランプリを受賞する。さらにその年にテレビ『海がきこえる』でドラマ初出演を果たす。

その後、地元の高等学校から堀越高校へ転入する。

1996年、ドラマ『イグアナの娘』で主人公の親友役を演じ注目を集める。
1997年の映画『バウンス ko GALS』で主演を努め、同年ブルーリボン賞の新人賞、翌年のヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を獲得し、実力派女優としての力をつけていく。

2004年11月から12月にNHKの朝ではなく夜の連続ドラマ『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』で主人公の元愛人を演じ、絶賛された。その理由が「若過ぎない年齢・細過ぎない身体・男に甘え過ぎない距離のとり方などが絶妙」だったという。

以降、主婦役やイジメる役など様々な役柄を演じ女優としての地位を確かなものにしていきます・・。

主な作品
テレビ】

  • 1995年『イグアナの娘』
  • 2004年『砂の器』
  • 2011年『家政婦のミタ』

【映画】

  • 1998年『リング』
  • 2006年『大奥』
  • 2009年『劇場版 カンナさん大成功です!』

体重が気になるがこれは戦略的?!

佐藤さんは、ホリプロスカウトキャラバンにグランプリを受賞するなど高校時代は可愛くて綺麗でした。しかし、ここ最近の佐藤さんはだんだん大きくなってきて、検索すると「激太り」「劣化」などといったワードが上昇します。

たしかに、今の佐藤さんをテレビで見ると「太ったなぁ。」と思いますがそれも話題になりますら注目されますよね?もしかしたらこれもひとつの戦略か?とも囁かれているようです。

女優さんは、役どころで太ったり痩せたりされます。大変だと思いますが痩せることもきっと可能だと思うし、痩せたら痩せたでダイエット本を出せたりできます。本当のところはどうなのでしょうかね?

結婚浮上説の真相

佐藤さんを検索すると「結婚」と浮上してきます。気になり調べてみました。結論から言うと「独身」のようです。現在、彼氏もいなくて婚活中で彼氏募集中だそうですよ。その際に、条件として25項目ある条件を提示していたようです。

なぜか、今田耕司さんの顔をよぎりました(笑)

父との絆

佐藤さんが8歳の時に両親が離婚したそうです。また母親が失踪しその後、一度も母親と会っていなかったという。しかし、テレビで25年ぶりに再会されたそうです。親子の再会って感動ですね。

そんなこともあってか、佐藤さんは幼い頃から父親のもと、男手一つで育てられたそうです。2人だけで生きてきた絆は相当なものだと思いますね。

実力派女優でトークも抜群

女優としての実力は勿論のこと佐藤さんはトークも面白くてバラエティー番組への出演も増えています。その時は主に飲酒時の失態や婚活を話題にすることが多いようです。

このように、サバサバ語るところが女性に人気がある秘訣なのでしょうね。

まとめ

佐藤さんの今後の活躍とプライベートにおいても注目ですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク