薬師寺保栄、再婚の真相 新嫁は?離婚は黒い噂が原因?!現在は実業家としての顔も


薬師寺保栄、再婚の真相 新嫁は?離婚は黒い噂が原因?!現在は実業家としての顔も
出典元:株式会社ケイポイント公式サイト

【薬師寺保栄 再婚 真相 新嫁 離婚 黒い噂 原因 現在 実業家】

薬師寺保栄さんは、ボクシング元WBC世界バンタム級チャンピオンで活躍されていました。そんな薬師寺さんについて色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

薬師寺保栄 プロフィール・経歴

【芸名】薬師寺保栄(やくしじ やすえい)
【出身】大分県(愛知県育ち)
【生年月日】1968年7月22日
【身長】173

父親がアマチュアボクサーだったこともありボクシングを始めます。そして高校ではインターハイベスト16の実績を持ちます。

1987年、高校卒業後にプロデビューを果たします。デビュー当時は、「打ってはすぐに退いてしまう」スタイルから「臆病者」と称され、周囲からは「将来、世界どころか日本王者にすらなれない」と酷評されていたようです。

そして、1989年の成人式の日に暴走族時代の後輩たちと並走しているところを警察にバレ逮捕され16日間、勾留されることになりました。当然の事ながら、ボクシング協会から処分が下されました。

下された処分は「対外試合6ヶ月禁止」だったという。このようなことで試合ができないため、東南アジアに遠征しに行った。

そこで転機が訪れます
この遠征が飛躍のきっかけとなり、高校時代から磨いてきた長身を生かしたアウトボクシングと切れ味・スピード抜群の右ストレートで頭角を現していった。

1993年12月、チャンピオンになる日
左眼網膜剥離で11月に予定していた世界戦をキャンセルした辰吉丈一郎さんの代役として、WBC世界バンタム級王者辺丁一(韓国)に挑み、12回判定勝ち。世界王座奪取に成功した。そして2度目の防衛戦でTKO勝ち

1994年12月4日、3度目の防衛戦でWBC世界バンタム級暫定王者に復帰した辰吉さんと対戦する。激闘の末、2-0の判定で王座防衛に成功しました。

再婚の真相 新嫁は?

おしどり夫婦と呼ばれているぐらい夫婦仲が良かった薬師寺さん。実は平成24年に離婚していたそうです。18年という長い結婚生活だったようですよ。何十年と一緒にいて紙切れ一枚で終わるなんてあっけないものですよね。

そんな薬師寺さんですが、どうやら再婚するようですよ。それは、テレビ『はやチャン!SP』のハワイ芸能人特集に薬師寺さんが登場していたそうです。

ワイキキのアラモアナ・ショッピングセンターで新恋人といるところを直撃取材され、「婚約か?」との問いに「友達です。友達」と照れ笑いの表情を見せていたそうです。

また「(そのうち)いい報告をさせていただきます。(結婚は)2月ごろになりそうです」と明かされたそうですよ。

「新恋人」や「新嫁」がネット上で浮上していたのは上記のことが原因だったようですね。

離婚は黒い噂が原因?!

薬師寺さんの離婚原因は、「お互いの意見の食い違い」と言われています。これといってスキャンダルがあったわけでもありませんでした。

離婚報告に明確な理由が上らない場合、どちらか一方の不倫が原因で、名誉を守る為に口をつぐんでいるケースも少なくないのが現状です。

しかし薬師寺さんの場合は、女性関係ではなく、指定暴力団との黒い関係が噂されていたりするので、根本的な生き方や友人関係といったことが離婚の主な理由になっているのかもしれませんね。

現在は実業家としても活躍

薬師寺さんは、現在タレント業・ボクシング解説の仕事以外に名古屋にボクシングジム・フィットネスを経営され実業家としても成功されているようです。

【薬師寺ボクシングジム&フィットネス】
住所:名古屋市中区新栄2-25-3 薬師寺ビル2F
電話:052-243-8944
営業時間:平日10:00〜22:30(最終チェックイン21:30)
土・祝日10:00〜20:00(最終チェックイン19:00)
日曜10:00〜18:00(最終チェックイン17:00)
定休日:毎週木曜日

現役時代から同じくプロボクサーだった井岡弘樹さんとは友人だそうです。ボクシングジム開設にあたっては、井岡さんの経営する井岡ボクシングジムの施設、経営方針などを参考にしたそうですよ

まとめ

今後の活動やプライベートにおいても注目ですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク