秋野暢子、髪型が特徴的 元夫の田代冬彦との離婚理由 子供や再婚の可能性は?


秋野暢子、髪型が特徴的 元夫の田代冬彦との離婚理由 子供や再婚の可能性は?
出典元:kahunarock.com

【秋野暢子 髪型 特徴的 元夫 田代冬彦 離婚 理由 子供 再婚 可能性】

サバサバとした性格でスラっと美しい秋野暢子さん。そんな秋野さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

秋野暢子 プロフィール・経歴

【芸名】秋野暢子(あきの ようこ)
【出身】大阪府
【生年月日】1957年1月18日
【身長】170
【血液型】A
【学歴】 四天王寺高等学校卒
【趣味】マラソン
【資格】NPO法人全国ラジオ体操連盟公認指導者
【その他】kahunarock 所属

実家は船場の呉服屋小学校の学芸会での出演をきっかけに女優の道を進んだそうです。1974年にドラマ『おおさか三月・三年』の出演で本格的に女優デビューする。

1975年には、テレビ『おはようさん』ヒロイン、殿村鮎子役を務め「吉永小百合の再来か」と取り上げられたという。

また、1976年放送のドラマ『赤い運命』ではヒロイン役の山口百恵さんをイジメ抜く役を演じ切り、「本当にああいう性格なのでは?」と言われ、非謗中傷の葉書なども多数あったという。それだけ演技力があったということですよね。

しかし、母親にまでその類が及び、かなり落ち込んでいたという。このような中、共演者である三國連太郎さんに「後できっと役に立つから、迷わず演じなさい」と激励されたそうです。それは秋野さんにとって、後の女優人生に多大な影響を受けたそうです。

1980年代には歌手活動をしており、歌手としてバラエティー番組『オレたちひょうきん族』にはしばしばゲスト出演していた。その後は、演技派女優、及びタレントとして多くのテレビ番組などに出演している。

また自身の経験を元にダイエットへの講演や解説ビデオの出版等、多方面で活躍を見せている。

現在は大阪を中心に活躍しています。関西ローカル番組では大阪弁で話すことが多いそうです。

【代表作】
・1975年 テレビ『おはようさん』
・1976年 テレビ『赤い運命』
・2000年 映画『十五才-学校IV』
・2006年 映画『かぞくのひけつ』

髪型が特徴的

秋野暢子さんは、ベリーショートが似合う女性です。真似したくてもなかなか似合うものではありません。秋野さんは170cmの長身に体脂肪率が13%の驚異の美ボディーの持ち主です。そのような姿なのでショートがよく似うのでしょうかね。

また、58歳(2014年時点)という年齢からしてその抜群のスタイルは維持するのはとても大変だと思いますね。日々の努力って大切ですよね。

元夫の田代冬彦との離婚理由

1983年、秋野暢子さんが26歳の時にテレビプロデューサーで活躍後、現在はTBSビジョン代表取締役社長であり東京放送ホールディングス執行役員の田代冬彦さんと結婚しました。

秋野さんは自身の結婚について「結婚して1年目にお互い相手を間違えたことに気づいた。」と明かされていました。それでも、周囲に祝ってもらいながら夫婦になったから努力しようと決めたそうです。

二人は夫婦としての目標を設定しました。それが子作りだったという。何度も流産した末、結婚11年目の1993年に長女・夏子ちゃんが誕生しました。

生まれた娘を育てることを目的に結婚生活を続けたが、夫への違和感は変わらなかったそうです。さらには、「情緒不安定」になったことで子どもによくないと思ったため、結婚19年目で離婚を決意したそうです。

秋野さん宅から歩いて2分のところに家を借りた元夫は、1年ほどで再婚したそうです。後妻が理解ある人だったため、娘が遊びに行っても歓迎してくれたという。

そこで秋野さんは「子どもに父親がいたほうがいい」と無理に夫婦関係を続けるよリも、別れてから新しい家族の形を築くこともできる。と

しかし、当時を思い出して「娘もさびしかったと思う・・。」と辛い心境を語っておられました。

離婚しても良い関係を築いている秋野暢子さん。それはきっと秋野さんが良い母であり良い妻だった。ってことも言えるのではないでしょうかね。

子供や再婚の可能性は?

5歳年下の青年実業家と5年以上のお付き合いをしている彼氏がいたそうですが、別れたそうです。なので今のところ再婚の可能性はないようです。ですが、電撃結婚なんてこともありうるかもしれませんね。

まとめ

今でも娘さんとの生活で幸せだと思いますが、ぜひパートナーを作り幸せになってほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク