葉山奨之、『まれ』で希の弟 津村一徹役 デビューのきっかけや素顔とは?


葉山奨之、『まれ』で希の弟 津村一徹役 デビューのきっかけや素顔とは?
出典元:トライストーン・エンタテイメント公式サイト

【葉山奨之 まれ 希 弟 津村一徹 デビュー きっかけ 素顔】

俳優としてドラマやCMで活動している若手新人俳優葉山奨之さん。NHK朝ドラ『まれ』にも出演することで話題になっています。そんな彼にことについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

葉山奨之プロフィール・経歴

【芸名】葉山奨之(はやま しょうの)
【出身】大阪府
【生年月日】1995年12月19日
【身長】177
【趣味】バスケットボール・音楽鑑賞
【その他】トライストーン・エンタテイメント所属

葉山さんが所属する事務所は「トライストーン・エンタテイメント」といって1993年に設立された会社です。あの小栗旬さんや綾野剛さん、田中圭さん、若村さん、木村文乃さんなどの有名俳優や女優を抱える芸能事務所です。

そんな葉山さんですが、2011年に放送したドラマ『鈴木先生』でデビューをしました。

まだまだ出演作品は少ないですが、出演するたびに多くの注目を浴びているようで、また着実に次々と様々な作品に出演しています。

主な作品
【映画】
・2012年『リアル鬼ごっこ3』
・2012年『今日、恋をはじめます』
・2014年『渇き』
・2015年『あしたになれば。』   など

【テレビ】
・2012年『GTOスペシャル』
・2013年 大河ドラマ『八重の桜』
・2014年『夜のせんせい』
・2014年『Nのために』
・2015年 NHK朝ドラ『まれ』    など

【CM】
・2013年『ベネッセコーポレーション 進研ゼミ 高校講座』
・2013年『NTTドコモ LTE』など

NHK朝ドラ『まれ』で希の弟 津村一徹役

2015年の春からNHK連続テレビ小説『まれ』が開始します。石川県輪島市と神奈川県横浜市を舞台に、ヒロイン・津村希(つむら まれ/土屋太鳳)がパティシエの世界一を目指して奮闘する物語です。

そんなヒロインの家族(津村家)は家庭の事情で東京から能登地方に移り住みます。

希の弟 津村一徹役に

希(土屋太鳳)の1つ下の弟・津村一徹を演じる葉山さん。独特な能登地方のことばをあっさりとマスターするなど、すぐに能登になじんで育っていきます。

父親譲りで勝負事が好き。しかし父・徹(大泉洋)と違って勝負運が強く、状況を冷静に分析する才能をもつ。高校時代にはその分析力を生かして野球部の参謀として活躍する。

やがて家族には秘密でネット上でのデイトレードにのめり込んでいくという・・。

共演者には豪華俳優陣たちがズラリ!

〜キャスト〜
【津村家】
・土屋太鳳(津村希)・・・希は、真面目で安定第一の女子。輪島市で公務員になったものの、夢であるパティシエになるために横浜へ行く。
http://matometimes.com/5045.html

・大泉洋(津村徹)・・・希の父。商売をしては失敗を繰り返し、ついには自己破産するダメな父。家族が能登へやってくるキッカケをつくった張本人。

・常盤貴子(津村藍子)・・・希の母。ダメ夫・徹に代わり一家を切り盛りする大黒柱。

・葉山奨之(津村一徹)・・・希の弟。能登での生活にもすぐ馴染む。父に似て勝負事が好き。だが、父と違い適応能力や分析力にすぐれ勝負強い。

・田中泯(桶作元治)・・・輪島で塩作りをしている職人で、大の祭り好き。やがて津村家と同居し、本当の家族のようになっていく。

・田中裕子(桶作文)・・・桶作元治の妻で、働き者。能登で精力的に仕事をこなし、力強くたくましい。

【能登の人達】
・篠井英介(蔵本浩一)・・・一子父。「サロン・はる」の亭主。能登はもうダメだとぼやいてばかりのネガティブな性格。

・塚地武雅(寺岡真人)・・・みのりの父。村の郵便局員。兼業農家だが、農業は妻に任せっきりになっている。

・ガッツ石松(角慎一郎)・・・洋一郎の父。漁師であり地域の区長。地域の世話役をやっていて責任感が強く、人望もある。

・鈴木砂羽(蔵本はる)・・・一子の母。村で唯一の美容院「サロン・はる」の経営者。夫とは正反対のポジティブ思考。

・ふせえり(寺岡久美)・・・みのりの母。仕事をサボってばかりの夫・真人と違って働き者。

・中川翔子(小原マキ)・・・「サロン・はる」で働くエステシャン。ここに集まる女性たちの中では一番若く、独身。

【輪島】
・中村敦夫(紺谷弥太郎)・・・圭太の祖父。輪島塗の製作・販売を行う塗師屋(ぬしや)で、輪島のゴッドファーザー的存在。

・板尾創路(紺谷博之)・・・圭太の父。輪島市役所職員。外浦村役場から石川県庁への出向を経て、合併後の輪島市役所に戻ってきた。

【希の同級生】
・山崎賢人(紺谷圭太)・・・輪島塗職人の卵。「塗師屋」をしている祖父・弥太郎の工房で輪島塗の魅力にとりつかれ、職人の道を志す。
http://matometimes.com/5612.html

・清水富美加(蔵本一子)・・・「サロン・はる」の一人娘。能登が大嫌いで、東京に対し憧れを抱いている。
http://matometimes.com/6236.html

・門脇麦(寺岡みのり)・・・郵便局員の娘。生まれ育った能登を愛している。無邪気でほんわかしているが、芯がしっかりしていて動じないタイプ。
http://matometimes.com/6129.html

・高畑裕太(角洋一郎)・・・漁師の息子。スポーツが得意で高校では野球部に。希たち同級生6人組のムードメーカーの役割。

・渡辺大知(二木高志)・・・シャイでめったに言葉を発さないが、優しい性格で希たちのことをいつも見守っている不思議な存在。

【横浜編】
・小日向文世(池畑大悟)・・・横浜のフランス菓子店「マシェリシュシュ」のパティシエ。フランスのケーキコンクールで優勝した。

・りょう(池畑輪子)・・・大悟の妻にして中国料理店「天中殺」のオーナー。

・柳楽優弥(池畑大輔)・・・大悟と輪子の息子。いい年をして定職に就かず、半年働いて必要なお金を稼ぎ、残りの半年は遊んで暮らす生活を送っている。

・中村ゆりか(池畑美南)・・・大悟と輪子の娘。女子大に通いながら繁忙期には父母の店を手伝う。
http://matometimes.com/7307.html

・鈴木拓(浅井和也)・・・「マシェリシュシュ」のパティシエ。パティシエ歴10年以上の中堅で勉強家だが、なぜか何事も上達が遅くてうだつがあがらない。
http://matometimes.com/2482.html

・柊子(矢野陶子)・・・「マシェリシュシュ」のパティシエで2番手のスーシェフをつとめる。

・孫成順(珍文棋)・・・中国料理店「天中殺」の謎の料理人。四川省出身で激辛料理を得意とする。

俳優を志したキッカケは

クローズZEROの滝谷源治役をしていた小栗旬さんを見たことで、「全てがかっこいい」「憧れ」と憧れる気持ちが膨らみ「役者になりたい」と思うようになっていきました。

そして、小栗さんが所属する事務所に応募し念願が叶い同じ事務所に所属することになりました。

憧れの小栗さんと同じ事務所に入れてよかったですよね。いつか小栗さんを超えるぐらいの実力派俳優さんになっていってほしいですね。頑張って下さい。

素顔は?

役者という人前に出る仕事をしていますが、緊張することが多いという。インタビューの時や舞台挨拶の時などは、舞台挨拶の映像などを見て予習しているそうです。

また、小栗旬さんの『キツツキと雨』の舞台挨拶を見て、「ああ~こんなコメントを言えばいいんだな。」と勉強していたそうですよ。本当に小栗さんのことが大好きで仕方ないっていう感じですね。

そんな葉山さんは、出演するたびに大きな注目を浴びています。

まとめ

ブレイク間違い無し!今後さらなる活躍が期待される俳優さんでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク