前野朋哉!結婚し実は凄い人。auのCM、謎の一寸法師役


前野朋哉、スカッとジャパンに出演 実は凄い人で結婚していた
出典元:ブレス・チャベス公式サイト

映画『桐島、部活やめるってよ』、朝ドラ『マッサン』など様々な映画やドラマに出演している味のある役者 前野朋哉さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

前野朋哉 プロフィール

【芸名】前野朋哉(まえの ともや)
【出身】岡山県倉敷市
【生年月日】1986年1月14日
【身長】168
【体重】65
【血液型】B
【学歴】大阪芸術大学卒。中央大学文学部卒。
【趣味】音楽鑑賞・HIP-HOP
【特技】卓球
【資格】普通自動車免許
【その他】ブレス・チャベス 所属

〜代表作品〜
・2009年 映画『脚の生えたおたまじゃくし』
・2012年 映画『桐島、部活やめるってよ 』
・2014年 映画『日々ロック』
・2014年 映画『映画鬼灯さん家のアネキ』

〜主な活動〜
【映画】
・2012年『桐島、部活やめるってよ』
・2014年4月『大人ドロップ』
・2014年5月『青天の霹靂』
・2014年9月『鬼灯さん家のアネキ』
・2014年10月『ぶどうのなみだ』
・2014年11月『日々ロック』

【テレビ】
・2012年『エアーズロック』
・2013年『空飛ぶ広報室』
・2014年『中居正広の金曜日のスマたちへ』「蛭子能収」再現ドラマ

【CM】
・2013年『ベネッセ・たまひよ』
・2014年『日本マクドナルド』

実は凄い人?

前野朋哉さんの学歴は「大阪芸術大学 芸術学部 映像学科」と記載されていますが、実は「中央大学 文学部 哲学専攻」をも卒業されています。

大阪芸術大学で実技を勉強し、その後に哲学を勉強したことは役者にとって必要と感じたからなのでしょうか?目先のことだけでなく今後のことも視野におきとても賢い方ですよね。

また、大阪芸術大学在学中には映画の照明助手や監督として活動し、監督としては大学在学中に国際学生映画祭での入賞経験あるほどの実力の持ち主

2009年、監督・脚本・主演した『脚の生えたおたまじゃくし』は、第4回福井映画祭にて観客賞と田中光敏監督賞を受賞し、2010年にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門で審査員特別賞とシネガーアワードを受賞。

2011年3月大阪で行われた映画祭のトークショーでジョニー・トーさんから「彼は将来有望な監督だ。」と評されました。

映画界から映画監督として将来を嘱望される存在のようで、凄い実力のある人だったようですね。

結婚していた

前野朋哉さんが結婚していることが明らかになったのは2014年4月のことでした。

映画『大人ドロップ』初日舞台あいさつで共演した池松壮亮さんによって突如暴露されました。

舞台挨拶で今年の抱負を聞かれた池松さんは「前野さんが結婚するので、結婚式に出たい」と唐突に言われ、また飯塚健監督にいたっては「それ、言っちゃっていいの?」と突っ込む始末。

当の本人はと言いますと、「奥さんとしっかり生活していきたい」と冷や汗をかきながらも事実を認めたという。

どうやら前野朋哉さんは2014年4月に入籍していたようです。結婚相手は同い歳の一般女性で、映像関係のお仕事をしているとか。

同じ業界に務める奥様は、俳優・映画監督としての実力も含め前野さんに惚れたのでしょうかね・・。また詳しい情報は一般の方なのでそれ以上の情報を見るけることは出来ませんでした。

auのCM、謎の一寸法師役

au人気CM「三太郎シリーズ」は、俳優の松田翔太さんが桃太郎、桐谷健太さん・浦島太郎、濱田岳さん・金太郎に扮しています。

これまで画面に小さく映り込み、ネットで注目を集めていた「一寸法師」を前野朋哉さんが演じていたことが判明しました。

前野さんが演じる一寸法師は「態度が大きくて、気が小さい」という設定。前野さんいわく「僕なりに探りながら演じることが出来ました」と手応えをにじませていたという。

このCMは、面白いし大好きです。ずっと続いていってほしいなぁ。

まとめ

プライベートも仕事も順調な前野さんの今後の活動が気になりますね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク