TSUKEMEN(ツケメン)、さだまさしの息子 クラシックユニットで活躍


TSUKEMEN(ツケメン)、さだまさしの息子 クラシックユニットで活躍
出典元:キングレコード

【TSUKEMEN ツケメン さだまさし 息子 クラシックユニット 活躍】

今、女性を中心に話題で人気急上昇中の「TSUKEMEN」。「ツケメン」とは一体何物なんでしょうか?調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

さだまさしの息子って?

TSUKEMEN(ツケメン)」は、メンバーは3人で構成されています。

TAIRIKU プロフィール
【芸名】TAIRIKU(タイリク)
【本名】佐田大陸
【担当】ヴァイオリン(4歳から)
【出身】長野県
【生年月日】1984年8月11日
【血液型】A
【学歴】桐朋学園大学音楽学部大学院卒
【その他】キングレコード所属

SUGURU プロフィール
【芸名】SUGURU(スグル)
【本名】伊藤 優
【担当】ピアノ(4歳)
【出身】広島県
【生年月日】1985年12月8日
【血液型】B
【学歴】桐朋学園大学音楽学部研究生修了
【その他】キングレコード所属

KENTA プロフィール
【芸名】KENTA(ケンタ)
【本名】黒木健太
【担当】ヴァイオリン(5歳)
【出身】熊本県
【生年月日】1984年10月24日
【血液型】A
【学歴】東京音楽大学卒
【その他】キングレコード所属

上記のヴァイオリン担当の「TAIRIKU」さんがあの有名な歌手・さだまさしさんの息子なんだそうです。

佐田大陸さんの家族構成
父はさだまさしさん。妹はPretty Bachの佐田詠夢さん、叔父はさだ企画社長で元サッカー選手の佐田繁理さん、叔母は歌手の佐田玲子さん。

凄い家族構成ですよね。そんなTAIRIKUさんは、父親が果たせなかったというヴァイオリニストの道を歩んでいった。

そして2008年ヴァイオリン×2とピアノの編成による「TSUKEMEN」という音楽ユニットでデビュー

プライベートでは2014年12月31日付のブログで結婚したことを発表されたようです。公私共に順調のようですね。

TSUKEMENは、クラシックユニットで活躍

山口県でたまたま3人で行ったライブが好評で、事務所に声をかけられ2008年に正式結成する。

グループ名の由来は、メンバーがグループ名を考えている時、たまたま通りかかったリーダーTAIRIKUさんの父親・さだまさしさんに「お前らイケメンまでいかないからツケメンぐらいだろと言われたのがきっかけなんだそうです。

その後、事務所社長が各メンバーの頭文字TAIRIKUの「T」、SUGURUの「SU」、KENTAの「KE」、それに男性の複数形となる「MEN」をつけて「TSUKEMEN」になると気づき、決定打に。

そんな「TSUKEMEN」はクラシック界の新星といわれる男性3人によるバイオリンとピアノの音楽ユニットです。クラシックをより身近に感じてもらい、「生音」の息遣いを届けたいというのがコンセプトなんだそう。

メンバーの全員が音楽大学出身で、またそれぞれが作曲を手掛けている。そのオリジナル曲を始め、クラシックはもちろん、映画音楽・ジャズ・ゲーム音楽からアニメ曲まで多彩な楽曲で魅了する。

2008年12月に東京・サントリーホールブルーローズ2daysでコンサートデビューを果たし、2010年3月にはキングレコードより発売したアルバム『BASARA』にてメジャーデビュー

それ以降もリリースするアルバムの5作すべてがクラシックチャートにて初登場1位を獲得。2015年はメジャーデビュー5年目を迎え、自身初となるフルオリジナルアルバム『Op.1~FRONTIER~』を4月にリリース予定。

LIVEは全国各地で開催し、デビューから300公演を超える。また国内にだけにとどまらず、ニューヨーク・韓国での公演を経て、2014年3月にはドイツにて名門シュトゥットガルト室内管弦楽団とTSUKEMENの完全オリジナル楽曲で共演する。

同年10月にはアメリカ・ロサンゼルスでの単独公演を敢行、2015年3月にはクラシックの殿堂と言われるオーストリアのウイーン楽友協会でのLIVEが決定している。

コンサートで培われた実力は会場を虜にし、見る者をとらえて離さない。クラシックでもない、ポピュラーでもない、そんなTSUKEMENという音楽にハマりそうですね。

まとめ

彼の今後の活動に目が離せないですね!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク