二木あい、まるで人魚!水中表現家として活躍その素顔とは 結婚や母親は?

二木あい、まるで人魚!水中表現家として活躍その素顔とは 結婚や母親は?
出典元:水中表現家二木あい公式サイト-AIPNEA-

【二木あい 人魚 水中表現家 活躍 素顔 結婚 母親】

綺麗な海で素潜りしている水中芸術家・二木あい(ふたき)さん。彼女は一体何者なのでしょうか?また水中芸術家とは何なのか?調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

二木あい プロフィール

【芸名】二木あい(ふたき あい)
【出身】石川県
【生年月日】1980年6月30日
【学歴】石川県立金沢泉丘高等学校卒

まるで人魚 水中表現家として活躍

3歳より水泳をはじめる。金沢の進学高校卒業後に「他の日本人と同じような進路に進むのは嫌だ」と考え世界へ飛び立ち、2007年に出会ったフリーダイビングに没頭し新たな道を開きます。

「きれいな海を多くの人に見てほしい」との思いで海中のビデオ撮影を始める。そのような中、肩書きを持つために2011年にギネス記録に挑戦し樹立

実力の成果は
2011年1月、メキシコで フリーダイビング(素潜り)で「洞窟で一番長い距離を一息で行く」というギネス記録を2つ樹立しました。
フィン無し(90m・2分2秒)世界初
・フィンあり(100m・1分52秒)女性として世界初

水中表現家の特徴は、魚の自然の姿を撮影するために酸素ボンベなしでダイビングするというスタイルを持ちます。ヨガ修行の結果、水中では6分間息を止めていられるという。

酸素ボンベなしの意味は
スキューバダイビングは、ご存知の通り、タンクを背負って潜り呼吸する際には「スースー」と大きな音がしますし、吐く時には「ブクブクブク」と泡が出る。水中にいる動物たちにとってはこの音は普通の生活にはない。

あえて、機材を使わないことで、呼吸するたびに出る音、泡がないから、魚たちが逃げない。自然に、自由に「彼ら」の世界に近づくことができ、より水中の魅力が伝わるという。

このような手法で映像を撮るのは世界的にも珍しいそうです。

また、二木さんはカメラで生物を撮影するだけでなく、自らモデルとなって水族館などでパフォーマンスを披露しているそうです。

素顔は?

二木さんは、最初に海に入った瞬間「あ、私の居場所はここだ。」って感じたそうです。そして彼女の凄いところは行動力。その後、スキューバのライセンスを取り、観光客の水中写真、映像の撮影を始めた。そして慣れてもの足りなくなったころに、フリーダイビングの魅力にはまったそうです。

彼女は人生は一回きりだし、やりたいことをどんどんやっていき、とことんまでやりたい!やらずに後悔するのは嫌。そんな考えをもった行動力のある性格なんだそうですよ。

水泳・体操・ピアノ・フルート・習字・絵・生け花・茶道。習い事はたくさんしたそうです。凄いですよね。かなり裕福の家庭だったのでしょうかね。

そのような中、特に水泳は練習が毎日で、泣きながらしていた記憶も。でも結局、好きだった水泳は続いたという。泳ぐことは私にとって自然の一つなんだそう。

「英語以外の言葉も話したい」と、高校2年生の時、1年間カナダ・ケベック州へ留学する。現地の高校に通い、フランス語も習得。キューバではスペイン語も話せるようになった。というから驚きです。

今では、英・仏・西・伊・タイ語など様々な言語を操るという。彼女曰く「生きていくために必要だったら、人間って学べる。」なんとも説得のある言葉ですね。なんだか、頭が上がりませんよね。

結婚や母親について

母親は、フリーアナウンサー、インストラクターの二木あつ子さん

FBCラジオの昼ワイド番組『午後はとことん よろず屋ラジオ』の水曜日を担当。恒見コウヘイ(つねみこうへい)さんとピンキッシュパーティーとして歌手活動もされているようです。

また、コスプレ好きで有名なんだそうですよ。現在は、アナウンサー以外にも歌手・ダンス・インストラクターとしても活躍中なんだとか。どうやら多才のような方です。娘さんもお母さんの血を引いているのでしょうかね。

二木あつ子さんについて こちら

なんだか激しそうなお母さまですよ。

結婚は
熱愛や結婚について噂もなければ、スクープされたわけでもなさそうなので今のところは彼氏はいないと考えられます。海外の生活も長いようなので、外国人の方と電撃結婚なんてこともありうるかもしれませんね。

まとめ

今後、二木さんが撮る写真が凄く気になりますね。また衝撃的な素敵な写真が見れるといいなぁ・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク