ジェシカビール、人気者と結婚 子供がいる トータルリコールでメリーナ役

ジェシカビール、人気者と結婚 子供がいる トータルリコールでメリーナ役
出典元:Wikipedia

【ジェシカビール 人気者 結婚 子供 トータルリコール メリーナ役】

人気女優として知られているジェシカ・ビールについて調べていきたいいと思います。

スポンサーリンク

ジェシカ・ビール プロフィール・経歴

【芸名】ジェシカ・ビール
【本名】ジェシカ・クレア・ビール(Jessica Claire Biel)
【出身】ミネソタ州イーリー生まれ(コロラド州ボールダーで育つ)
【生年月日】1982年3月3日

ジェシカは、ドイツ人・フランス人・イングランド人、インディアン(チョクトー族)の血を引く。

幼い頃にミュージカル・スターを夢見ていたという彼女は、9歳の時に初舞台を踏み、『アニー』『サウンド・オブ・ミュージック』『美女と野獣』などのステージに立つ。

その後、モデルやCMなどで活躍。96年の14歳の時にはドラマ・シリーズ『7th Heaven』でTVデビューを果たす。この番組は視聴率1位を獲得する大ヒットとなり、レギュラの一人を務めたジェシカはお茶の間の人気者に。

翌97年にはピーター・フォンダ主演の『木洩れ日の中で』でスクリーン・デビュー。その後は『サンタに化けたヒッチハイカーは、なぜ家をめざすのか?』(98)『サマーリーグ』(01)『ルールズ・オブ・アトラクション』(02)などの映画に出演し、女優としてのキャリアを重ねる。

また、03年 『悪魔のいけにえ』をリメイクした『テキサス・チェーンソー』に主演に抜擢、レザーフェイスに追われるヒロインをタンクトップ姿で熱演し、セクシー美女として一躍人気若手スターの仲間入りを果たした。

以後、さまざまな話題作の映画に出演しハリウッド期待の若手女優と言われるまでに

人気者と結婚し子供がいる

プライベートのジェシカは、2007年に米歌手のジャスティン・ティンバーレイクと交際を開始、2011年3月に一旦破局するも、同年秋に復縁し2012年1月に婚約、そして10月にイタリアで結婚式を挙げました。

2人は、5年間の交際と2度の破局を経ての紆余曲折のゴールイン。大変な道のりがあった分、喜びも大きかったでしょうね。

美しいジェシカは、恋多き女性だったのでしょうか?
過去には俳優のクリス・エヴァンス、アダム・ラヴォーグナ、野球選手のデレク・ジーター、スケートボーダーのバム・マージェラと交際していたそうです。

子供は?
そんなジェシカとジャスティン夫妻。なかなか子供ができなかったようですが、ついにジェシカが第1子を妊娠し2015年4月11日に男児を無事に出産したようです。

米ピープル誌によれば、男児は「サイラス・ランドール・ティンバーレイク」と名付けられました。

「サイラス」は、2012年に亡くなったジャスティンの母方の祖父ビル・ボーマーさんのミドルネームで「ランドール」はジャスティンの父の名前で、ジャスティン本人のミドルネームでもあるという。

やっと授かった子供に2人の嬉しい姿が目に浮かぶようです。こちらまで幸せな気持ちになりますね。

トータルリコールでメリーナ役

映画『トータル・リコール』のメリーナ役としてジェシカ・ビール出演します。この映画は、1990年のアメリカ映画でフィリップ・K・ディックが1966年に発表した短編小説『追憶売ります』を映画化したSF映画である。

物語は
戦争により地球上の大半が居住不可能になった21世紀末。限られた富裕層は“ブリテン連邦”に暮らし、地球の反対側にある“コロニー”を支配下に置いていた。

ダグラス(コリン・ファレル)は、コロニーに住んでいる労働者の一人。妻のローリー(ケイト・ベッキンセール)と単調ながらも幸せな生活を送っていたが、毎晩同じ女性が登場する夢に悩み、ふとしたきっかけで自らの記憶を人工的に操作できる会社“リコール社”を訪れる…。という
(出典元:YAHOO! JAPAN テレビ)

ジェシカは、コリン・ファレル演じるダグラス・クエイドが記憶を失い、その失われた記憶を蘇らせる手助けをする地下組織メンバーの1人を演じます

主演のコリン・ファレルはもちろん、ケイト・ベッキンセール&ジェシカ・ビールの女優陣が身体を張って挑戦した迫力のアクションも必見だそうです

まとめ

ジェシカという女性は、今後の作品出演やプライベートにおいても気になる存在ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク