風吹ジュン、元夫は川添象郎 子供は?再婚の可能性は 生い立ちが壮絶

風吹ジュン、元夫は川添象郎 子供は?再婚の可能性は 生い立ちが壮絶
出典元:風吹ジュンオフィシャルウェブサイト

【風吹ジュン 元夫 川添象郎 子供 再婚 可能性 生い立ち 壮絶】

女優として活躍されている風吹ジュンさん。あぁこんな風に歳をとっていけたらなぁと思う女優さんではないでしょうか?そんな風吹ジュンさんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

風吹ジュン プロフィール・経歴

【芸名】風吹ジュン(ふぶき じゅん)
【本名】 堀川麗子
【出身】]富山県婦負郡八尾町生まれ/富山県高岡市・京都市山科区育ち
【生年月日】1952年5月12日
【身長】157
【血液型】B
【その他】パパドゥ所属

風吹ジュンさんは、1973年に初代の「ユニチカマスコットガール」に選ばれデイヴィッド・ハミルトン撮影によるポスター写真でマスメディアに登場します。

1974年には歌手デビュー、1975年に女優デビューする。以後、さまざまな作品の映画・ドラマ・CMに出演し、91年の映画『無能の人』では日本アカデミー賞優秀助演女優賞やブルーリボン賞助演女優賞を受賞した。

現在もなお、味のある母親役など様々な役柄をこなしベテラン女優として活躍されています。

主な作品
【映画】
1979年『蘇える金狼』
1991年『無能の人』
2007年『魂萌え!』

生い立ちが壮絶

デビューから着々と芸能界での地位を築かれている風吹さん。そんな風吹さんですが実は幼い頃は、色々苦労していたようです。

彼女の生い立ちは、京大卒の高校教師の父親と母親の元に生まれ、3歳上の兄がいます。小学校5年の時に両親が離婚し、中学校2年で母親の育児放棄に伴い、兄と京都に移り住みます。

暮らしは非常に貧しくて、京都で住んでいた家は窓の裏が崖であったというから驚きです。内職やアルバイトをする日々で、高校受験前には担任教師の家で仮住まいをしていたという。いい担任の先生だったようですね。

京都市立日吉ヶ丘高等学校美術科を受験し、一次試験に合格します。が二次試験当日に母親の再婚を知らされ、受験を放棄してしまいます。その後レストランなどで住み込みで働き始めます。

そして18歳で上京し、銀座の高級クラブに勤務、1971年クラブに在籍中にスカウトされました。芸名は、風に吹かれたように出てきたから「風吹」語呂がいいから「ジュン」と名付けられたという。

ふんわりとした雰囲気の風吹ジュンさんから想像出来ないぐらいだと思いませんか?

ここまで上り詰めた風吹さんを尊敬します。

元夫は川添象郎 子供は?

プライベートの風吹ジュンさんは、1981年にプロデューサーの川添象郎(かわぞえ しょうろう)さんと結婚しました。川添さんは、松任谷由実さんやYMOさんといったビッグアーティスト達を世に送り、数多くのヒット曲を生み出したかたです。

一方で大麻取締法違反で逮捕・覚せい剤取締法違反・不倫疑惑・コンビニでの万引きなど波乱に満ちた人生を歩んでこられました。

そんな川添さんとの生活に風吹ジュンさんは終止符をうちます。そう1992年に離婚しました。

気になる子供さんですが、川添さんとの間には1男1女を儲けられています。

再婚の可能性は?

風吹さんが離婚した後、22年もの間、再婚が報じられることはなかったそうです。

しかし2011年12月、雑誌のインタビューでは、定期検査でホルモンバランスなどの総合的な数値が急にアップしたことを明かされ、また体調は万全でおまけに体重が減って、ウエストがくびれて細くなったという。

その理由について、風吹さん曰く
「原因は何だろう。いや、これしかない。実は私、今、恋をしているのです。あり得ないと思っていただけに自分が一番驚いています」と。

この恋の相手が、よく焼き肉店を一緒に訪れていた人物だったそうです。

風吹さんの知人にようば、「彼は風吹さんより少し年下で自分で事業をされているそうです。風吹さんの自宅には彼女の息子さんもいるので、一緒には暮らしていないのですが、彼女の自宅で寝泊まりすることも多いそうです。

風吹さんは彼のことを“優しくていつも重い荷物を持ってくれるフェミニストなかた”と嬉しそうに話していたそうです。

その件について風吹さんは「お互い大人なので、穏やかで温かい関係を築いています。」と堂々の交際宣言をしたという。

大人の関係ですね。このまま再婚せずにいいお付き合いをされていかれるのでしょうかね。恋をすると女性は何歳でも綺麗になれるものですね。

(情報元:http://www.news-postseven.com/archives/20140710_265113.html)

まとめ

仕事もプライベートも順調な風吹ジュンさん。今後も活躍されていかれるでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク