しずちゃんこと山崎静代、ボクシングや病気の事 実は山ちゃんとの仲は?

しずちゃんこと山崎静代、ボクシングや病気の事 実は山ちゃんとの仲は?
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

【しずちゃん 山崎静代 ボクシング 病気 山ちゃん 仲】
お笑い芸人・南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんは芸人以外でもボクサー・俳優としても活躍しています。そんなしずちゃんについて色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

山崎静代 プロフィール・経歴

【芸名】山崎静代(やまざき しずよ)
【愛称】しずちゃん
【出身】京都府福知山市/大阪府茨木市育ち
【生年月日】1979年2月4日
【身長】182
【体重】79
【血液型】A
【学歴】聖和大学短期大学部卒
【趣味】ボクシング・漫画・絵を描くこと
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属

しずちゃんは、現在も身長が高いですが産まれた時も5000gという大きめの体で産まれました。青春時代の中学時代は陸上部に所属し、高校は女子サッカー部に所属。運動神経がいいようですね。

短期大学時代に初めて結成したコンビは、中学の同級生である前野里美さんと組んだ「西中サーキット」という女性コンビで、ボケを担当しネタ作りも行っていた。

NSCには入らずに、オーディションを受けて吉本入りした西中サーキットは2002年に「ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞」を獲得し、関東の深夜番組にも出演。

順調だったが、相方・前野さんの引退により解散。2003年、「山崎二宮」を結成して間もなく、現相方・山里亮太(山ちゃん)に誘われ、「南海キャンディーズ」という男女コンビを結成する。

ボケを担当するが、ネタ作りは山ちゃんに任せている。現在も南海キャンディーズは活躍し、またボクシングは趣味の領域を越えて本格的にアマチュア選手として取り組んでいる。

そして、しずちゃんは器用なのか女優としても活動する。映画『フラガール』テレビ『乙女のパンチ』など様々な作品に出演し、『フラガール』に関しては、2007年に「第30回日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞しました。

『乙女のパンチ』では主演を努めボクシングを始めるキッカケになったそうです。

ボクシングや病気の事

しずちゃんは、アマチュアボクシングの全日本選手権ミドル級で優勝し、四連覇を成し遂げました。お笑いのときとはまるで別人の「ボクシング選手」としてのしずちゃんの姿に、感銘を受けた人も多いことでしょうね。

そんなしずちゃんですが、検索をすると病気と浮上するのです。調べによると、以前公開スパーリングの時に過呼吸になってしまったことがあるという。精神的に負担がかかったのではないかと噂されていました。

2010年の春、しずちゃんは軽い頭痛を訴え病院を受診。そこでMRI検査を行うと、脳に影が見つかったという。プロボクシングであればここで引退が勧告される。

ただ、しずちゃんはアマチュアだった。そして数ヵ月後の検査で、影は消え、今日に至っているという。

おそらく、上記のようなことから「病気」と浮上してくるのでしょうかね。

実は山ちゃんとの仲は?

しずちゃんと山ちゃんは壊滅的に仲が悪かったそうで、和解したのはしずちゃんがボクシングを始めた頃からだったという。

「南海キャンディーズ」が結成されたのは山ちゃんがしずちゃんに声をかけて誕生しました。しかしこれまで逆に「僕が誘われた。」と言っていたという。

当時しずちゃんは別の男性とコンビを組んでいたが、その才能にほれ込んだ山ちゃんが奪った形になってしまっている。

その男性芸人は、先輩からかわいがられていて、無理に奪ったとなれば「大阪で生きていけない」と恐れた山ちゃんがしずちゃんに頼みこみ、ウソの結成エピソードを作り上げたのだという。

しかし、その才能が、山ちゃんの嫉妬心を呼び起こすことになったよう。お笑いの枠を超え、映画『フラガール』やドラマ・CM等に出演し人気女性タレントと共演するなど、ひとり活躍の場を広げていくしずちゃん。

そんなしずちゃんに山ちゃんは「何をやっても前を走ってキラキラ輝いている姿がムカついて仕方がなかった」と告白。コンビでしずちゃんが評価された時も、「この子がしゃべったことは僕が用意したのに」とジェラシーを抱いていたという。

それでも、「得体のしれない変わった女性」と自身が描いたイメージを無理にしずちゃんに押しつけた結果、山ちゃんの助言に全く耳を貸さなくなったという。その時期、やまちゃんは「しずちゃんは僕のことが嫌いだと思っていた」と考えていたそう。

しかし転機が訪れます。

山ちゃんが先輩芸人にしずちゃんの愚痴を言っていた時だった。逆に先輩にこっぴどく怒られ、「真実」を教えられたという。

その頃の山ちゃんのしずちゃんへの態度は、周囲の芸人仲間から見ても「あれはヒドい」と感じていたそう。

そして、そのことを耳にするたびにしずちゃんは「私は山ちゃんに拾ってもらったから、(コンビを)解散しません」と山ちゃんをかばっていた。

たとえ芸人仲間から「山里はダメだ」と言われても、しずちゃんは6年以上もやまちゃんをかばい続けてくれていたという。このような「真実」に山ちゃん本人はとても驚いた様子だったそう。

「コンビ愛」のエピソードも披露。

映画『フラガール』では、出演者のテロップでわざわざ「南海キャンディーズ」とコンビ名を入れてもらうように関係者に頼んでいたそう。ひとりで活動していても、あくまで自分の居場所はここだと示すかのように。

(出典元:j-cast.com)

コンビってほんと難しものですよね。仲がいいばかりに嫉妬心だって芽生える。けれどこの2人はあくまでも恋愛感情とかでななく、お互いを想い合っているから、もうそうそう解散なんて言葉は出てこないでしょうね。

まとめ

芸人・ボクシング・女優と頑張っているしずちゃん。今後もますます素敵な女性になっていって下さい。彼氏もいつか出来てほしいですね〜あっ、余計なお世話かぁ(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク