野田洋次郎、映画「トイレのピエタ」で主演 内容 あの娘が Wiki・女性遍歴

野田洋次郎、映画「トイレのピエタ」で主演 内容 あの娘が Wiki・女性遍歴
出典元:RADWIMPS.jp

【野田洋次郎 映画 トイレのピエタ 主演 内容 あの娘 Wiki 女性遍歴】

人気ロックバンドRADWIMPS(ラッドウィンプス)のボーカル・野田洋次郎さんが、映画『トイレのピエタ』で俳優デビューし初主演を務めました。そんな野田さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

野田洋次郎 プロフィール・経歴

【芸名】野田洋次郎(のだ ようじろう)
【出身】東京都
【生年月日】1985年7月5日
【身長】180
【血液型】A
【学歴】慶應義塾大学環境情報学部中退
【その他】(有)ボクチン所属

RADWIMPSでは、ボーカル・ギターを担当。またベース・ドラム・ピアノ・ヴァイオリンも演奏でき、ライブなどでは曲によってピアノ、キーボード、シンセサイザーを演奏する事もある。

そしてRADWIMPSの全ての楽曲の作詞・作曲を担当している。楽器はなんでも弾けておまけに作詞・作曲と多才な方ですね。

そんな野田さんは、6歳から小学4年生までアメリカに在住していた帰国子女です。英語が堪能なのは「英語を喋らざるを得ないような環境にいたから」と本人は語っているそうです。

家族構成は、父親がサラリーマン、母親はピアノの先生で、兄が1人だそうです。

イギリスの元ロックバンド(オアシス)のノエル・ギャラガーの音楽に影響を受けていたという。

個人での活動
・CHARAのアルバム『honey』収録曲「ラブラドール」をプロデュース
・2012年、ソロプロジェクト「illion」(イリオン)としての活動
・2015年映画『トイレのピエタ』で主演を務め、俳優デビュー

映画『トイレのピエタ』ってどんな映画

本作は、漫画家・手塚治虫さんが死ぬ直前までつづっていた病床日記から生まれた作品だそうです。

現代アーティストが性同一性障害であることを追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で海外から高く評価された松永大司監督がオリジナルストーリーで脚本化し、長編映画で初監督を務めた作品。

ピエタ・・・聖母子像

【スタッフ】
・原案・・手塚治虫
・原作・・松永大司『トイレのピエタ』
・監督・・松永大司
・脚本・・松永大司
・主題歌・・RADWIMPS「ピクニック」

【あらすじ】
画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏は、突然余命三ヶ月の宣告を受ける。残された時間を知るまでは、この夏もいつものように、ただやり過ごすだけの季節になると思っていた。

それが人生最期の夏に変わってしまった時、立ちはだかるように現れた女子高生の真衣。「私が生きてるんだから生きろ」

宏は、容赦なくありのままの感情をぶつけてくる真衣に翻弄され、戸惑いながらも、生と死の間に強烈な光を見る……。もっとも純粋で痛切なラブストーリー。
(出典元:本の話 WEB)

【キャスト】
・野田洋次郎(園田宏)
・杉咲花(真衣)
・リリー・フランキー(横田)
・市川紗椰(尾崎さつき)
・大竹しのぶ(園田宏の母)
・宮沢りえ(拓人の母)
・古舘寛治
・森下能幸
・ 澤田陸(拓人)
・MEGUMI
・ 岩松了(宏の父)

出演している大竹しのぶさんと宮沢りえさんは、RADWIMPSのファンだそうで出演オファーを快く承諾したそうですよ。

あの娘が

漫画家・手塚治虫先生の娘さんである手塚るみ子さんが今作の映画『トイレのピエタ』の試写会での感想が意味深な発言でした。

手塚治虫の娘・手塚るみ子は試写会の感想を自身のTwitter上で次のように発言した。「『トイレのピエタ』の試写を観てきました。この映画の存在を知った時、正直タイトルにそれを使って欲しくはありませんでした。

そして今日その完成作を観てあらためて使って欲しくはなかったと思いました。松永監督そして関係者の皆様、ごめんなさい。私個人の想いと手塚プロの考えは違うのです」
(出典元:Wikipedia)

手塚るみ子さんは手塚治虫先生の死を看取った一人だったそうで、色々な思いがあったのでしょうかね・・。

女性遍歴

野田洋次郎さんは、雰因気や才能がありモテますよね〜。やはり気になるのは女性関係を調べていきたいと思います。

噂やサイト情報からですが
デビュー前からマキさん(篠原麻希子さん)という一般の方とお付き合いしていたそうです。彼女の思いを歌った曲もあったそうです。が、破局。

そして女優・臼田あさ美さんと半同棲で結婚か?とも囁かれていましたが結局破局し、その後、女優・吉高由里子さんとの熱愛報道があり半同棲なんだそう。

しかし、大喧嘩している所を週刊誌にスクープされ破局説が流れました。実際、どうなのでしょうね。お互い人気者同士、恋の行方が気になりますね。

まとめ

野田さんが、初出演にして初主演を演じられた映画『トイレのピエタ』をどのように演じられたか楽しみですね。これを機に音楽活動以外でも俳優としての活動も増えそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク