樋口可南子、映画「愛を積むひと」に出演 糸井重里との子供は? 実はこんな人

樋口可南子、映画「愛を積むひと」に出演 糸井重里との子供は? 実はこんな人
出典元:ユマニテ公式サイト

【樋口可南子 映画 愛を積むひと 出演 糸井重里 子供 実は こんな人】

ソフトバンクのCM「白戸家」シリーズで母親役を演じている樋口可南子さん。あんな風に歳がとれたらなぁと思っている女性は多いのではないでしょうか?そんな樋口さんについて今回出演する映画のことやプライベートについて調べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

樋口可南子 プロフィール・経歴

【芸名】樋口可南子(ひぐち かなこ)
【本名】糸井可奈子
【出身】新潟市
【生年月日】1958年12月13日
【身長】165
【血液型】B
【その他】ユマニテ所属

樋口さんが20歳の時にポーラテレビ小説『こおろぎ橋』で主演デビュー。この時、美術系女子大に通っていましたが中退。

1980年に映画『戒厳令の夜』に初出演し、ゴールデン・アロー賞の新人賞を受賞する。以降、様々な映画・ドラマに出演し活躍し、ベテラン女優と言われるまでに。

映画「愛を積むひと」に出演

2015年6月20日公開の映画『愛を積むひと』に樋口さんは、佐藤浩市さんと夫婦役として出演します。大自然の北海道で夫婦、親子、そして周りの人達との交流を優しく描かれた作品。

【監督】朝原雄三さん『釣りバカ日誌』シリーズ・『武士の献立』など
【脚本】朝原雄三・福田卓郎
【原作】エドワード・ムーニー・Jr.の小説『石を積むひと』
【音楽】岩代太郎
【劇中での音楽】Nat King Cole「SMILE」

【あらすじ】

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で豊かに過ごそうと、東京下町の工場をたたみ、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子。

以前に外国人が住んでいたという瀟洒な家を手にいれ、良子は野菜やガーデン作り、家の内装のアレンジなどささやかながらも豊かな生活を満喫していた。

一方、仕事人間から仕事がなくなった途端、毎日手持ち無沙汰で暇を持て余す篤史。見かねた良子は、長年の憧れでもあった家の周りの石塀作りを篤史に頼む。

そんなある日、良子が入院することに。以前から患っていた心臓の病が悪化していたのだ。
(出典元:愛を積むひと公式サイト

【キャスト】
佐藤浩市(小林篤史)・・仕事一筋だった。まじめで正直だけど不器用。
樋口可南子(小林良子)・・心臓病の病気を抱えている。しっかり者。
北川景子(小林聡子)・・篤史と良子の娘。父と疎遠になっている。
野村周平(杉本徹)・・平間造園の見習い。小林家の石塀作りを手伝う。
杉咲花(上田紗英)・・徹とは中学時の同級生。
森崎博之(親方)・・平間造園の親方。
吉田洋(上田美智子)・・熊ニの妻。紗英の実母。
柄本明(上田熊ニ)・・美智子の旦那で紗英の義父。頑固者。
佐戸井けん太(刑事)
岡田義徳(鈴原)

注目の若手俳優からベテラン俳優まで豪華キャスティングが実現した映画は見応えたっぷりですね。

糸井重里との子供は?

樋口さんは、1993年にコピーライターの糸井重里さんと結婚されました。実は、糸井さんは既に家庭があった為、この結婚は略奪愛だったそうです。

糸井さんとの不倫密会が発覚した時に樋口さんは、こう言われたそうで話題になったそうです。

「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」
(出典元:livedoor)

これだけハッキリ言えるってある意味凄いですよね。

世間から見れば、略奪って悪いイメージがありますが、芸能界では意外と仕事に対してダメージを受けないのでしょうかね。だって樋口さん、今ではいいお母さん役が多いですものね。喉元過ぎれば熱さを忘れるってやつでしょうかね。

気になる2人の子供さんについてですが、調べてみましたがこれといった情報がないので、おそらくいないのでは?と考えていいでしょうね。

そんなご夫婦ですが、糸井さんはお子さんが大きくなるまで10年以上待ってから離婚し結婚したそうですよ。
(出典元:http://laughy.jp/1411319681140103911)

ちなみにこのご夫婦、東京と京都の両方におうちを持っているそうですよ。風情ある京都っていうのがなかなかいいですよね〜。

実はこんな人

樋口可南子さんは、1991年に篠山紀信さん撮影の写真集『Water Fruit 不測の事態』がベストセラーになりました。この写真集が事実上、日本でヘアヌードを解禁させるきっかけとなった第一人者というわけです。

樋口さんが中学生時代のエピソードですが、その時期、計算尺のクラブに所属していたという樋口さん。中学3年時には計算の速さを競う大会で優勝したそうですよ。頭いいですよね。

計算尺のクラブに入っていたというのがなんだか意外ですよね。着物がよく似合うイメージがあるのでお花とか茶道が合ってそうかと思いましたが、まぁ学生時代の話ですものね。

まとめ

樋口さんの今後の活躍やプライベートにおいても目がはなせませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク