映画『ラブ&ピース』長谷川博己が主演でどんな映画?園子温監督の妻も出演

映画『ラブ&ピース』長谷川博己が主演でどんな映画?園子温監督の妻も出演
出典元:月の石公式サイト

【映画 ラブ&ピース 長谷川博己 主演 どんな映画 園子温 監督 妻 出演】

国際的に評価されている鬼才・園子温監督が手掛ける映画『ラブ&ピース』は特殊映像を使い、また豪華キャスティングで話題を呼んでいます。一体どんな映画なのでしょうか?調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

長谷川博己が主演でどんな映画?

ラブ&ピース』は、監督が初めて特撮を使用して制作したという作品。崩壊する東京の街に巨大化した「LOVE」が愛の怪獣として現れたり、東京の街に「愛」が降り注ぐという演出もありのエンターテイメント作品。

【あらすじ】

うだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じる。

あきらめたロックミュージシャンへの道、まともに話せないが恋心を抱いている寺島裕子(麻生久美子)への想い・・・彼の人生を取り戻すのに必要な最後の欠片(ピース)、それが・・・そのミドリガメだった!
(出典元:http://matome.naver.jp)

今作で、園子温監督作品がニ度目だという長谷川博己さんは、初めて主演を務めたそうです。

長谷川さんは、一人の冴えないサラリーマンがロックスターになって、そして怪獣が出て来る特撮映画で、どんな作品になるか想像がつかなかったそうですが、いざ出来上がりを見て涙したんだそうです。

一体どんな作品なのかこの時点で気になりますね。

主役を務めた長谷川博己さんって

長谷川博己 プロフィール・経歴
【芸名】長谷川博己(はせがわ ひろき)
【出身】東京都
【生年月日】1977年3月7日
【身長】183
【血液型】A
【学歴】中央大学卒
【その他】ヒラタオフィス 所属

2001年、第41期生として文学座附属演劇研究所に入所。2002年TPT『BENT』で初舞台を踏む。2004年4月、準座員として入座。同年、文学座支持会新人賞(座内賞)受賞。2006年4月、座員に昇格。同年12月22日付で退座。

2010年に放送されたNHKドラマ『セカンドバージン』で鈴木京香さんと不倫に落ちる年下男性を演じ、注目を集め話題になりました。

以後、様々な映画・ドラマ・舞台に出演し活躍されています。

長谷川さん関連記事も

長谷川博己、鈴木京香との関係はワケありか?父親は有名な評論家(画像)
【長谷川博己 鈴木京香 関係 父親 有名 評論家 画像】 長谷川博己さんといえば、ドラマ『家政婦のミタ』のお父さん役でお馴染みですね。...

【キャスト】

・長谷川博己(鈴木良一)・・楽器の部品会社で働くサラリーマン
・麻生久美子(寺島裕子)・・良一の同僚であり、想いを寄せている
・西田敏行(謎の老人)・・地下の世界に住む
・渋川清彦(稲川さとる)・・マネージャー
・マキタスポーツ(課長)・・良一の会社の課長
・深水元基(田中透)・・良一の会社の同僚
・手塚とおる・・科学者
・小倉一郎・・良一の会社の同僚
・真野恵里菜・・女子高校生
・神楽坂恵・・ユリの母
・菅原大吉・・記者
・浪岡一喜・・良一のアパートの住人
・松田美由紀(松井)・・レコード会社のプロデューサー

・田原総一朗・・司会者
・水道橋博士・・コメンテーター
・宮台真司・・コメンテーター
・津田大介・・コメンテーター

〜バンド仲間「Revolution Q」〜
・奥野瑛太
・長谷川大
・谷本優
・IZUMI

〜声優として〜
・星野源(PC-300の声)
・中川翔子(マリアの声)
・犬山イヌコ(スネ公の声)
・大谷育江(カメの声)

園子温監督の妻も出演

園子温監督の奥さんは、元グラビアアイドルで現在は女優として活動している神楽坂恵さん。結婚したのは2011年11月11日で監督の作品『冷たい熱帯魚』で知り合ったと言われているようです。20歳も年下の綺麗な奥さんと結婚デキるなんて夢がありますよね〜。

神楽坂恵 プロフィール・経歴
【芸名】神楽坂恵(かぐらざか めぐみ)
【出身】岡山県
【生年月日】1981年9月28日
【身長】158
【体重】46
【血液型】O
【趣味】読書・映画鑑賞
【特技】ピアノ・日舞・弓道(一級)・ソフトボール
【資格】着付師・フラワーアレンジメント初級
【その他】月の石 所属

おおさかシネマフェスティバル2012及び第33回ヨコハマ映画祭で「助演女優賞」を受賞する。作品は『冷たい熱帯魚』『恋の罪』。

今作の映画『ラブ&ピース』では、母親役として出演されているようですね。

ご夫婦二人共、仕事もプライベートでも順調のようですね。

まとめ

今作の映画は、園子温監督が「俺の魂の集大成だ。」と語っておられたようなので、きっと期待できる映画となっているでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク