伊嵜充則、親子ジグザクに出ていた天才子役の現在?写真家の女性と結婚

伊嵜充則、親子ジグザクに出ていた天才子役の現在?写真家の女性と結婚
出典元:株式会社 シックスセンス

【伊嵜充則 親子ジグザク 天才 子役 現在 写真家 女性 結婚】

かつて、ドラマ『親子ジグザク』に出演し天才子役と言われていた伊崎充則さん。あらから数十年と経ちましたが彼はどのように成長されているのでしょうか?調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

親子ジグザクに出ていた天才子役の現在?

まずは伊嵜さんのプロフィールなどから書いていきたいと思います。

伊嵜充則 プロフィール・経歴

【芸名】伊嵜充則(いさき みつのり)
【出身】東京都
【生年月日】1977年3月17日
【身長】167
【血液型】AB
【学歴】堀越高等学校卒
【趣味】絵画・ビリヤード・ダーツ・ゴルフ
【特技】ドラム・書道三段
【その他】株式会社 シックスセンス 所属

伊嵜充則さんは、長渕剛さん・安田成美さんが出演していたドラマ『親子ジグザグ』でデビューする。翌年には映画『木村家の人びと』でスクリーンデビュー。

そして、1990年映画『夢』、1991年映画『八月の狂詩曲』で黒澤明監督作品に出演した事で注目を浴びます。

オーディションのエピソード
『親子ジグザグ』のオーディション時に、長渕剛さんに自分の履歴書を見ながらじっと睨むように見られていたのが怖かったそう。しかしオーディションが終わった後、長渕さんが「この子で行こう!」の一言で決定したそうです。

『木村家の人びと』では一回落とされていたそうですが、奥さんと娘さんに『親子ジグザグ』に出ている伊嵜さんを見て「このドラマに出ている、この子いいんだよ」と言われていたそうで、それを見た監督は「こういう芝居も出来るのか」という事で木村太郎役に抜擢したという。

『夢』のオーディションの時、黒澤明監督が入ってきた時のオーラは子どもながらに「半端じゃない!」と思ったそう。そしてオーディションが始まると監督はメガネと帽子を取ったそうです。そんな監督の姿を見て、「あっサンタクロースだ!」と思ったという。そしてオーディション後、監督の「この子で」の一言で決定し役を勝ち取りました。

世界の監督から選ばれることって凄いですよね。単純に嬉しかったでしょうね。

【主な作品】
・1987年『親子ジグザグ』 下別府勇役
・1990年『『夢~DREAMS~』 主演私の10歳役
・1991年『八月の狂詩曲 信次郎役
・2008年『黒部の太陽』 テツ役

現在は?
俳優として活動されています。また近年の活動としては、
【ドラマ】
・『相棒Season7最終回2時間スペシャル~特命~』
・土曜プレミアム『千の風になって』
・ドラマ『なでしこ隊~少女だけが見た“特攻隊”・封印された23日間~』
・SP『告知せず』
・NHKスペシャル『坂の上の雲』
【映画】
・『三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~』
【舞台】
・関電トンネル開通50周年/映画上映40周年記念の舞台『黒部の太陽』
などに出演されています。

写真家の女性と結婚

2014年11月14日に自身のブログで結婚したことを報告されていました。
気になるお相手は、フォトグラファーの齋藤真理さんだということです。
いつの間にという感じですが、幸せそうで何よりだと思いますね!

ブログはこちら

まとめ

これからも実力派俳優さんとして活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク