西加奈子、夫はやっぱりこんな人? 子供は 直木賞と芥川賞の違いって?

西加奈子、夫はやっぱりこんな人 子供は?直木賞と芥川賞の違いって?
出典元:YAHOO!

【西加奈子 夫 やっぱり こんな人 子供 直木賞 芥川賞 違い】

西加奈子さんは、小説『サラバ!』で直木賞を受賞した美人小説家として注目されている女性です。そんな西さんについてあれこれ調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

西加奈子 プロフィール・経歴

【芸名】西加奈子(にし かなこ)
【出身】イラン・テヘラン生まれ/エジプト・大阪育ち
【生年月日】1977年5月7日
【学歴】関西大学法学部卒

西さんは独特な雰囲気から一見ハーフかと思いますが違うようですよ。しかし生まれはイランで小学校1年生から5年生まではエジプトで過ごされていたようです。いわゆる帰国子女ですね。そのせいでしょうか?雰囲気がどこかエキゾチックな感じがするのは。

幼少時代にエジプトで住んでいたことにより、小説を書く上でプラスになったりと作品によい影響を与えているかもしれないですね。

また西さんは、「プロレスから勇気をいただいている。」とコメントされるほど大のプロレス好きでプロレスの状況と、自分たちの状況を照らし合わせ考えることもあるのだそうです。

そんなユニークな西さんは、雑誌『ぴあ』のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。 そして2005年『さくら』では20万部を超えるベストセラーとなる。また2012年5月『きいろいゾウ』では、宮崎あおいさんと向井理さん出演で映画化され、2013年に公開されました。

2004年のデビューからブレイクまでトントン拍子に進んでいるようですね。

実は西さんのデビューは最近ではめずらしい持ち込みなんだそうです。文学賞をとってデビューしたのではなく、ひとりの編集の方に「原稿を読んでください。」と送り、デビューしたのだそうです。

なので、西さん曰く絶対に、その編集の方がいらっしゃらなかったら作家の私はいない。その方に「西加奈子という作家を世に出してよかった」と思ってもらいたいとずっと思っていたそうです。

トントン拍子でここまできたという感じがありますが、西さん自身相当な努力もたくさんされてきたのではないでしょうかね。

これまでの受賞・候補
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞受賞。
2011年「咲くやこの花賞」受賞。
2013年『ふくわらい』第148回直木三十五賞候補、第10回本屋大賞5位、第1回河合隼雄物語賞受賞。
2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。

夫はやっぱりこんな人?子供は?

西さんを検索すると「結婚」「」「子供」などといったワードが上昇します。気になり調べたところ西さんは結婚し夫もいるそうです。どうやらネット上の噂では、2012年9月30日に結婚したと言われているようで、ちなみにお相手の方は一般男性の方で職業は雑誌編集者さんなんだそうです。

やっぱり西さんが小説家なので、雑誌などの仕事を通じて出会われたかと想像がつきますね。また子供さんについてですが、特にそのような情報はありませんでした。今は2人の時間を楽しみ、これからかもしれないですね。

直木賞と芥川賞の違いって?

今さらながらという感じですが、でも実はよく知らなかったという人も多いのではないでしょうか?どういう違いがあるのか早速調べてみたいと思います。

分かりやすい記事を発見しました。

芥川賞は文芸誌五誌(新潮・文藝・文学界・すばる・群像)に書かれた新人の中篇(100~200枚ほど)のなかから半年に一度選ばれる賞です。

直木賞は中堅の作家が書かれた娯楽小説の内容に実績を加味して与えられる賞です。

だから、芥川賞が作品重視(選考委員が会ったことがない人も候補に選ばれる)だとすれば、直木賞は作家重視(選考委員が候補者と顔見知りのケースが多い)という違いがあります。

どちらがすごいのか、といわれると微妙です。ただ、芥川賞受賞後も谷崎賞や川端賞・読売賞や朝日賞など受賞できる賞が多いのに比べ、直木賞をとると柴田賞・吉川賞(泉賞も取れますが)しか受賞できないため、どちらかといえば直木賞の方が格は高いです。
(引用元:YAHOO!)

また、リンク先には本屋大賞のことや推理作家のことなども述べられいましたのでご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

どちらにしても簡単ではとれない凄い賞ってことですね。

まとめ

西さんの今後の活動やプライベートにおいても目がはなせませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク